30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【不安と恐怖】「投資は楽して儲かる」というウソ

不安、焦燥、絶望、恐怖

「投資はなにもしないで金が儲かる」というウソ

「安く買って高く売る」

投資はそんだけです。

市場では

  • みんなが買うと高くなる
  • みんなが売うと安くなる

つまり投資とは

  • みんなが買ってるときに売る
  • みんなが売ってるときに買う

そんなお仕事です。

スーパーシンプルです。

もっといえば投資は「ほったらかし」が必要。

種を撒いてもすぐには大きくならない。

とくに長期投資は何年もなにもしない。

しかし、実はこれには「エネルギー」が必要なのです。

川のなかで立ってるときは――

同じところにいても体力をつかう。

「上昇相場は万人の悲嘆の中に芽生え、万人の疑惑の中で育ち、万人の幸福感の中で崩壊する」ジョン・テンプルトン

投資熱の川に流された無職男性

私も川に流されました😭

2021年の11月です。

VTを109ドルで買いました。

あのときは米国株全盛期。

「レバナス長期投資」が流行り始め、だれもが

「米国株はあがりつづける」

と信じていた。

よくこんなきれいに天井つかめるよな😠

なぜ私は最悪のタイミングで買ったのか。

「早く買わなきゃ乗り遅れる!😥」

と焦ってたから。

買ってすぐは気持ちよかった。

  • ああ、これで仕事を終えた
  • あとは世界株があがるのを待つだけ
  • 寝てるだけで金が増える😍

しかし現実は「高値づかみ」。

下がる一方です。

関連:【リタイア暴落】「15万円」投資で損して死にたい無職

投資は意外とメンタルにくるのです

逆張りとは、相場の動向の逆を張るというだけでなく、その真意は世情の逆、世論の逆を行くのだから、ある意味では疲れる。だからこそ儲かるのだ、いや、儲かる資格があるのだ。(山崎 和邦)

この言葉好きなんですよね。

投資は「何もしないでも勝手にお金が増える」ってわけでもない。

  • 不安
  • 恐怖
  • 焦燥
  • 絶望

それらと戦うから稼げる。

 

逆にいえば投資って

「精神的負担」

が大きいのです。

都合よく気絶・冬眠・記憶喪失できればいいがそうもいかない。

投資セミナーでもらった資料で一番タメになったものがこちらです「示唆に富んでいる」 - Togetter

投資金額が多いほど「株価を気にしない」ことはむずかしい。

リタイア後にガッツリ投資する必要があるんだろうか?

「できるだけ早く金をつくる必要がある」

のがリタイア前です。

人生の時間はかぎられている。

早くリタイアするほどゆたかな人生を過ごせる。

しかし、リタイア後にお金が増えても……。

たいしてかわりません🤣

生活に必要なお金はすでにある。

高級車とかブランド服は子どものおもちゃに見える。

お金を増やす意義もそんなにない。

こんな状態で

  • 資産の90%を投資する意味があるか
  • 先物や仮想通貨のようなハイリスク投資の必要があるか

ってことです。

「月10万円で暮らしてるのに一ヶ月で資産が1000万円減る😭」

となれば

  • 胃がキリキリする
  • ご飯がのどを通らない
  • 自分がバカに思えてくる
  • 「もっとひどい地獄が待っている」と恐怖する

こんな状態でリタイア生活が楽しめるのか?

人生を楽しむためにセミリタイアしたのに……。

お金のことばかり考えてしまう😭

終わりに リタイア後は「あがって嬉しい下がって嬉しい」

「上がってよし 下がってよしの 株価かな」

と実業家・投資家の竹田和平が言っていた。

  • 資産の99%投資してもぜんぜん気にならない😜
  • 1日1000円動いただけで怖い😥

ひとそれぞれですが。

  • 株価が上がった→ボロもうけ😍
  • 株価が下がった→買い場だ😍

そんなかんじでうまくバランスとるのがいいんでしょう……😘

←わりと趣味が合うかもしれない😏(読んでないけど)

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!