30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【不服従】「だれにも頭を下げたくない」なら無職になりましょう

不服従の無職ライフ

  • 自分が悪くないのに頭を下げる
  • 嫌いな人間に笑顔で接する
  • 軽蔑してる人間をおだてあげる

会社員でいちばんしんどかったことです😘

リタイア生活は「だれにも頭を下げない」でいいのです

「頭を下げずに職を投げ出す」

人生を振り返ってみると、「頭を下げる機会」から逃げ続けてきたような気もする。

働いていれば、相手に頭を下げなければならないこともある。だが、そんな時、私の中には、

(こんな奴に屈したくない)

という妙な意地が働いてしまうのだ。そして大抵の場合、ついに頭を下げることなく、そこから去ってきた。上司と衝突した時も、ほとんどの場合、頭を下げずに職を投げ出すという手段に打って出てきた。思えば、自尊心を守ることだけを考えてきた人生だったかもしれない。
頭を下げるのがつらい。 | 高齢ひきこもり

一橋大卒、ひきこもり、既婚というナゾの人物・二条淳也氏のブログより。

めっちゃ共感できます🤣

ただ、彼はそういう生き方は「しかるべき人生経験を積まなかったことなのではないか」と言っています。

私は「そんな経験少なければ少ないほどいい」と思ってます。

関連:【孤独な無職】「ひきこもり生活」がもたらすもの

頭を下げるとは「服従する」こと

顧客、上司、社長、株主、夫や妻、親……。

多くの人が頭を下げて生きてます。

なぜか。

依存しているからです。

だれかに頼らなければ生きていけない。

会社員は、社長がいなければ生きていけません。

同時に、社長も会社員がいなければ生きていけない。

社会は「相互依存」でなりたっています。

相手がイヤになっても、関係を断つことができない。

「離れられない」

結果として、面従腹背、詐欺と陰謀の世界ができあがる。

f:id:mikuriyan:20210223121125p:plain

「我社で働きたい理由は?」「お金です」「それだけ?」「御社はなぜ社員を雇いたいのですか?」「もっとたくさんの……」「……」

世の中で成功するのは、そういう陰謀世界をうまくやりぬく「器用な人」です。

一方、私のようなアスペやADHDっぽい「不器用な人」は「頭を下げずに職を投げ出す」というわけ……🤣

関連:「自分の人生が自分のものじゃない」という社畜の地獄
関連:【スキゾイド・ADHD】「隠遁」した方が幸せになれる性格

リタイアすると「だれにも頭を下げない」生活です

「どうして貧しい生活をしているのに、こんなに楽しくてハッピーなんだろ?」

とよく不思議になります。

私の貧乏リタイア生活は「健康で文化的な最低限度の生活」以下です。

それでも毎日楽しい😍

結局、これは精神的な問題でしょう。

  • 「だれにも依存しない」
  • 「だれにも頭を下げない」

そういう生活が精神衛生上とても良い。

リタイア者は経済的に独立しています。

働かなくても生活できる資産や収入があります。

イヤな人間に頭を下げる必要はないし、機械や時計の奴隷になることもない。

これがすげー快適なんですね……😘

関連:「雇われずに生きる」経済的独立の幸せ
関連:【自由人】生活を好きに「デザイン」できるリタイア生活

「依存先を増やす」と依存しなくなる

それまで私が依存できる先は親だけでした。だから、親を失えば生きていけないのでは、という不安がぬぐえなかった。でも、一人暮らしをしたことで、友達や社会など、依存できる先を増やしていけば、自分は生きていける、自立できるんだということがわかったのです。
 「自立」とは、依存しなくなることだと思われがちです。でも、そうではありません。「依存先を増やしていくこと」こそが、自立なのです。これは障害の有無にかかわらず、すべての人に通じる普遍的なことだと、私は思います。
(熊谷晋一郎氏 自立とは「依存先を増やすこと」|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)) 

これはなかなかおもしろい表現です。

私もある意味、いろんなものに依存しています。

  • 低賃金で働くスーパーのパートのおばちゃん
  • フリマアプリの中古ユニクロの出品者
  • Googleアドセンスや治験

とはいえ実際には「依存先が増える」とそれはもう「依存先」ではなくなるんですね。

  • 柱が1本しかない建物は柱がつぶれたらおしまいです。
  • しかし、10本柱があるなら、1本なくなってもビクともしない。

いろんな方法で生活の糧を得られるようになれば、もはやなにかひとつに依存することはない。

そーすっと「より自由」で「より安心」になります🤤

関連:「複数の収入源」があるとリタイアは安泰です
関連:リタイア後は非課税分だけ働く「プチ労働」がオトクです

終わりに リタイアして独立ライフをゲットしよう

「決してアタマを下げたくないので、顔を洗うときには服がずぶ濡れになった」

旧制一高にそんな教師がいたそうです🤣

いくらリッチな生活でも、ウソをつくのはクソです。

ウソをつけば人生はどんどん複雑にこんがらがっていく。

一方で、「貧しくても正直に生きる」と、シンプルすっきりです🤤

  • 「したくないことはしない」
  • 「したいことだけする」

そんな生活になります。

「だれにも頭を下げたくない」

なら、経済的に独立した無職を目指しましょう。

「そういう人間もいてもいい」のです……😘 

関連:【清貧生活】社会から離れてひっそり暮らした結果
関連:【独立】「一匹オオカミ」として生きる裏ルート
関連:【労働はオワコン】「まじめに働く」方が社会に有害なのです

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!