30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

「いらないものを買う」と奴隷になります

必要のないものを、借金して、好きでもない他人に見せつけるために買う
We buy things we don't need with money we don't have to impress people we don't like.

  • いらないもん買う不自由な生活
  • 必要なもんだけ買う自由な生活

どちらがいいか?

「いらないものを買う」と奴隷になります

ノーベル賞受賞者の、ジョージ・A・アカロフとロバート・J・シラーの「不道徳な見えざる手」がいいかんじでした。

ケインズの予想はなぜ外れたか

ほとんどの人は、所得が5倍以上になったら悠々と生活できると考える。もうお金の悩みはなくなるはずだ。実際、市場最も鋭い経済学者の1人であるジョン・メイナード・ケインズは、1930年に将来を見通してまさにそう予言した。

「みんなゆたかになって、ヒマになるやろなあ😚」

とケインズは考えた。

半分は正解でした。

ある面では、その予測はほぼずばり的中した。かれは生活水準が8倍になると「仮定」したのだ。アメリカにとって、2010年現在だと一人当たり所得は5.6倍高くなっていた。ケインズのストップウォッチであと20年残っているし、一人あたり所得の年間成長率が歴史的に見ると平均で1.5パーセントから2%だから、かれの仮定は驚くほど的中していることになるだろう。

でも、半分は外れた。

でも別の面だと、ケインズはまったく見当外れだった。たぶん予想できたと思うけれど、ケインズは孫たちがお金の工面を心配して日々を送るなどは言わなかった。むしろありあまる余暇の使いみちを心配するはずだと予言したのだった。週の労働時間は15時間に減る。男も女も、ケインズによれば「イギリスやアメリカの富裕階級の主婦の間では、すでにかなり一般的となっているノイローゼ(を経験する)。その多くはかわいそうな女性で、豊かさのおかげで、伝統的な作業や仕事を奪われてしまっている――経済的必要性という拍車がないと、料理も掃除も裁縫も十分おもしろいとは思えないのに、それ以上におもしろいものをまるで見つけられないのだ」……
こんな余暇の豊富さは――アメリカで所得がいまのところ5倍異常になったにもかかわらず――ほとんど実現していない。それどころか、現代の主婦は、第1シフトと第2シフトでくたくたになっている。これはケインズの予測をまったく外れたものだ。

「ゆたかになったのに、人々はお金に困って働かなきゃいけない」

これはケインズにも想定外でした🤣

「2000ドル」も用意できないビンボーな人たち

かれら(アナマリア・ルサルディ、ピータートゥファノ、ダニエル・シュナイダー)はこんなアンケートをした。「今後一ヶ月で、予想外の支出2000ドルが発生したとき、それを工面できる自信はどのくらいありますか?」
アメリカでの回答者のほとんど50%近くが、必要な2000ドルを絶対工面できないか、たぶん工面できないと回答している。最近ルサルディと会話したところ、回答者たちはそのお金を工面するのに丸一ヶ月与えられたのだと強調した。それだけあれば家を担保にリバースモーゲージでお金を調達もできるし、新しいクレジットカードだって手に入れられるし、親や兄弟に泣きつくことだってできる。

アメリカの半分の人は、2000ドル(23万円)を用意できない。

2010年のアメリカの勤労年齢世帯は、現金や当座預金や貯蓄預金や普通預金に一ヶ月の所得分すら保有していないという。さらに驚くことではないが、株式や債券の直接保有額のメジアン値はすばりゼロだった。

イギリスの過規模を使った支出調査を見ると、多くの世帯は単に月々の支払いをやりくりするので精一杯だという。月給をもらっている世帯の支出を見ると、給料日前の一週間では、給料日直後の一週間に比べて、丸18%も低下する。

「世界有数にリッチな国で、一生懸命働いてもお金がない」

どーしてこんなことになるのか?

「必要のないものを買わせる」罠で満ちている

アメリカでは、ほぼあらゆるビジネスマンの目標は、みんなにお金を使わせることだ。……自由市場は次々と誘惑を生みだす。

私たちは1930年よりも5倍半も豊かになっている。でも自由市場はまた、人々に多くの「ニーズ」を生みだし、さらに人々にそうした「ニーズ」を売りつける新しい方法も考案した。そうした促しはすべて、消費者がなぜやりくりに苦労するかを説明してくれる。

ニーズはつくりださなきゃいけない。

戦後のドイツや日本は急激に成長しました。

それは、街はボコボコ、人々は飢え、モノがぜんぜんなかったからです。

つくればつくるほど売れた。

しかし、現代人はもう衣食住は足りている。

彼らに金を使わせるには……。

需要をつくりださなきゃいけない。

つまり、必要のないものを「それは必要だ」と思い込ませなければいけない。

それが広告の役割です。

f:id:mikuriyan:20211225222609p:plain

関連:「広告を見るほど人は不幸になる」という研究結果

家、クルマ、冠婚葬祭はボッタクリチャンス

「高額の金が動くときがボッタクリチャンス」

と書かれています。

卵を買うとき、200円と210円の差を気にする。

でも、家を買うとき、2000万円と2100万円の差は気にしない。

これが人間心理です。

また、高い買い物はなんどもあるわけではない。

つまり、あとぐされがない。

心置きなくぼったくれます……🤣

自動車を買うときは、オプションをガンガンいれさせる。

「でもそういうガラクタがあったほうがこんなに便利ですよと売り込んで、そういう代物がたぶんあとから必要でないことがわかる確率が高いことは見ないようにさせるんです」(自動車ディーラー)

新築の家もヤバいです。

住宅メーカーの営業をやってた知人に曰く、2000万円の家でも原価は数百万円とか。

冠婚葬祭もボッタクリチャンスです。

結婚式の平均費用は360万円といわれている

  • 家を買う→3000万円
  • 自動車を買う→500万円
  • 結婚式→360万円

ざっと4000万円弱。

セミリタイアするには十分な資金です。

さて、私たちは

  • 「カモ」になるか?
  • 「自由」になるか?

終わりに 騙す人、騙される人

「週15時間労働」

は可能です。

ケインズは別に間違ってない。

私もそんな生活してます😚

ただ、ケインズの誤算は……。

彼の生きた100年後には

  • 非常に多くの釣り師――騙す人
  • 非常に多くのカモ――騙される人

がいるということです。

「さらに所得が5倍になっても、あいかわらず働き続ける人がいるだろう」

とアカロフらはいいます。

私たちは豊かになった一方で……。

おバカになってるのかもしれません😂

 

関連:「週15時間労働」で生活できます【ケインズ正しかった】
関連:「短期投資は必ず負ける」――ケインズでも負けた
関連:いくら稼げば「十分」なのか?
関連:【賃金奴隷vs黒人奴隷】「会社員」はスゴイ奴隷です

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!