30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

「論語」に学ぶ21世紀のファンキーセミリタイア道

子いわく、自宅でぐーたらしよう

さいきん「論語」読んでます。

「働きたいけど働けなかった」

就職浪人みたいな孔子です。

自発的無職なリタイア者とは反対ですが……。

意外とおもしろい教訓がありました😘

f:id:mikuriyan:20210706204419p:plain

「論語」に学ぶセミリタイア道

現代語訳は井波律子さんの「完訳 論語」より。

自宅でぐーたらしよう

子の燕居(えんきょ)、申申如(しんしんじょ)たり、夭夭如(ようようじょ)たり。

――先生が自宅でくつろいでおられるときは、のびのびと、またいきいきとしておられる。

これかわいくて好き😘

家ではゆったり好きなことを楽しむのが至高です。

楽しむひとがいちばんすごくなる

子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。

先生は言われた。「ものごとに対して知識をもち理解するものは、それを好む者にはかなわない。好むものはそれを楽しむ者にはかなわない。」

「好きこそものの上手なれ」

ということです。

嫌いなことをしている社畜の才能が伸びることはない。

「自分がしたいことを楽しんでする」

のがさいきょーです。

あなたは山派? 海派?

子曰わく、知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。知者は動き、仁者は静かなり。知者は楽しみ、仁者は寿(いのちなが)し。

先生は言われた。「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。知者は動的だが、仁者は静的だ。知者は楽しく暮らし、仁者は(穏やかに暮らして)長生きする。

これは超有名なフレーズ。

知者は変化の多い水を楽しみます。

仁者はどっしりして動かざる山を楽しみます。

あなたはどっちでしょーか?

私はもともと海が大好きだったが、山も好きになりました😂

関連:【野宿登山】「大倉―蛭ヶ岳ピストン」という体力バカコースを無職が制覇

お金の追求はよくないから好きなことする

富にして求む可くんば、執鞭の士と雖も、吾も亦これを為さん。如し求む可からずんば、吾が好む所に従わん。

先生は言われた。「富というものが追求してもよいものならば、たとえ御者にでも、私はなるだろう。(しかし)追求してはならないものならば、私は好きなように生きるだろう。

金儲けを追求するのは良い結果にならない。

世間的にも悪いことだ。

だから好きなことするわ😘

ってスタンスです。

「吾が好む所に従わん」

ってのはまさにリタイアマインドです。

関連:「金儲けに飽きた」から人生の後半が始まります

頼まれたら仕事するけど、あとはひっそり暮らす

子、顔淵に謂いて曰わく、之れを用うれば則ち行ない、之れを舎つれば則ち蔵る。唯だ我と爾とのみ是れ有る夫。(略)

先生は顔淵に言われた。 「自分を認めて任用する者がいれば、世に出て活動する。見捨てられれば、隠遁する。そんなふうにできるのは、私とおまえだけだね」。

だれかが自分を必要とするなら働いた方がいい。

でも、世間が必要としないなら潔く隠棲するのがいいってことです。

成功者になっても、さえない無職でも、いまの生活を受けいれて楽しむのです。

「顔淵」ってのは孔子のちょーお気に入りの弟子です。

「俺よりすごいぞ」と孔子にいわしめた天才です。

でも、若くして死んでしまった。

孔子は長生きした分、弟子がたくさん死にます。

そのたびに孔子はわんわん泣きます。

かわいそうなシーンも多い🥺

関連:【隠遁】引きこもり生活には「自由」があります

ビンボーでもヘーキで暮らすのはすごく偉い

子曰わく、賢なるかな回や。一箪(たん)の食(し)、一瓢(ぴょう)の飲、陋巷に在り。人は其の憂いに堪(た)えず、回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や。

先師が言われた。「顔回は、なんと立派な人物だろう。一膳の飯と一椀の汁物しかない貧しい長屋暮らしをしておれば、たいていの人は、その苦しみに堪えられないものだが、回はそんな苦境にあっても楽しんで道を行って変わることがない。なんと立派な人物だなあ回は」(ここだけ伊與田覺訳)

これは超有名なフレーズです。

顔淵は超ビンボーぐらしだったが、学問を楽しんでたので気にしてなかった。

孔子は「マジで立派だなあ……😍」と驚嘆したのでした。

関連:「貧乏に慣れる」と人生楽勝になります

ビンボーでも正しい生活が楽しい

疏食(そし)を飯(くら)い水を飲み、肱(ひじ)を曲げてこれを枕とす。楽しみ亦(また)其の中に在り。不義にして富み且(か)つ貴(たっと)きは、我に於(おい)て浮雲(ふうん)の如(ご)とし。

先生は言われた。「粗末な食事をとって水を飲み、ひじをまげて枕にする。そんな暮らしのなかにも、楽しみはある。不正な手段で得た富や高い地位は、私にとっては空に浮かぶ雲のようなものだ。 

孔子はそんなに「禁欲がいい」とはいいません。

本人はけっこー美食家でしたし😂

でも、不当に金を稼ぐ生活は浮雲のようにはかない。

それだったらビンボーを楽しんだ方がいいってことです。

賢い人は「がんばらない」 

君子は担(たん)として蕩々(とうとう)。小人は長(とこし)なえに戚々(せきせき)。

先生は言われた。「君子(ひとかどのりっぱな人物)はおだやかにのびのびしている。小人(小人物、つまらない人間)はいつまでたってもこせこせしている。

社畜ワールドはいつもせかせかしています。

リタイア者はぽやーんとしています。

お金はなくても、時間持ちですからね……。

関連:【働くのはアホ】頭がいい人は「がんばらない」そして「働かない」

「ゴーマンな金持ち」より「頑迷なビンボー人」のがいい

子曰く、奢れば則ち不遜なり。倹なれば即ち固なり。其の不遜ならんよりは、寧ろ固なれ。

先生は言われた。「贅沢な暮らしをしていると、不遜になる。きりつめた暮らしをしていると、固陋(ころう)になる。不遜であるより、むしろ固陋であれ。

調子に乗ったクソ金持ちよりは頑迷なビンボー人のがいいってことです。

3年続けてりゃまあ食えるよ

子曰わく、三年学びて穀 (こく)に至らざるは、得やすからざるのみ。

先生は言われた。「三年間、学問をして、(官吏として)俸禄のもらえる地位につけない者は、めったにいない。

これは就職だけでなく、ビジネスでも同じでしょう。

個人事業をはじめて、3年がんばれば食えるようになるはず。

たとえばYouTubeを3年間がんばればたいていの人は食える……と思います。

関連:セミリタイア後は「小さな事業を長く続ける」のです
関連:【アドセンス】リタイアブログで半分メシが食えてます

無職だからいろいろ知ってるんだわ

 牢 (ろう)が曰わく、子云 (のた)まう、吾試 (もち)いられず、故 (ゆえ)に芸ありと。

琴牢は言った。「先生は言われた。「私はなかなか世の中でもちいられず、それで多芸になったのだよ」と」。

これはちょっと悲しいですが🤣

無職でビンボー生活してると、「幅広い知識や経験」が身につきます。

これは専門家や社畜にはない強みです。

40歳50歳で芽がでてないヤツはダメ

子の曰わく、後世畏るべし。焉んぞ来者の今に如かざるを知らんや。四十五十にして聞こゆること無くんば、斯れ亦た畏るるに足らざるのみ。

先生は言われた。「後輩や若者こそ畏敬すべきだ。未来の人間である彼らがどうして現在の人間より劣るとわかるか。しかし、(その若者とて)40、50になっても、何の名声も得られないようなら、これまたいっこうに畏敬するに値しない。

このへんはあまり儒教らしくない感じ。

若者は可能性に満ちている。

でも、老人になってなんも芽が出てないなら、その程度の人間だ。

かなり手厳しいですが……。

やはり若年リタイアがいいでしょう。

関連:【無限の可能性】「30代でセミリタイア」が最高の選択です

どんな権力者でも、無職を働かせることはできない

三軍も帥を奪うべきなり匹夫も志を奪うべからざるなり 

先生は言われた。「三軍の総大将を奪い取ることはできても、一人の人間の志を奪い取ることはできない。

ぐらぐらに乱れた軍隊よりも、一人の確固たる意志の方が強い。

「働きたくない!」

という社畜の願いは、ディストピアな資本主義ワールドの囲いをぶち破るのです……😘

終わりに 論語めっちゃおもろい

論語って堅苦しいイメージがありました。

でも、孔子は感情表現ゆたかでかわいいし、いってることもリタイア者ならうなずけることが多い。

なかなか楽しいです😍

以上は「完訳 論語」を半分くらい読んでの引用です。

さいごまで読んだらまた記事にするかもしれません。

しかしさいきん本読みすぎですね。

読書感想ブログ化してます……🤣

 ←社畜時代ならぜったい手に取らない本🤗

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!