30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【人格を変える】リタイア後の「カフェイン」との付き合い方

現代社会はカフェインでできている

世界を変えた、カフェインの歴史

人類を支配していたのは「酒」でした

文明は酒とともにあった。

酒は小麦や米といった穀物から作られます。

穀物は農耕でつくられる。

農耕とは文明です。

人間は「酔っ払った猿drunken monkey」とも表現される。

  • 勝手にできあがる
  • 腐らない
  • 変な匂いのする
  • 精神変容作用がある

酒はカロリーを含む安全な飲料水として重宝されたほか、神事にも使われた。

また「支配のツール」でもありました。

エジプトでは奴隷の報酬はビールだった。

ギルガメッシュ神話では、野蛮人の象徴だったエンキドゥは文明の象徴である「酒とパン」によって「手なずけ」られた。

「彼はかつて野獣の乳を飲んでいたのだ。」
いまや、彼の前にパンが置かれた。
彼は目を細めて、眺めて見たが、
〔それが何か〕エンキドゥにはわからなかった。
パンを食べることも、
ビールを飲むことも、
彼は教えられていなかった。
そこで聖娼は口を開いて、エンキドゥに語った。
「エンキドゥ、パンをお食べ。
それが生きるしるしです。
ビールをお飲み。それが国のならわしです。」
エンキドゥは満ち足りるまでパンを食べた、
七壺までもビールを飲んだ。
彼は気持がなごみ、嬉しくなって、
心踊らせ、表情を輝かした。
水(?)で彼の毛深い身体を濡らし、
油を[身体に]塗った。
〔こうして〕彼は人間らしくなった。
(引用元:[ビールの歴史 | ギルガメシュ叙事詩] びあトモ for another pint of BEER

f:id:mikuriyan:20211222202727p:plain

  • 酒は人々をバカにします
  • 酒は人々を依存的にします
  • 酒は大量の穀物を必要とします

「農耕革命」に酒は重要な役割をはたした。

工業時代の象徴、カフェイン

カフェインがヨーロッパに入ったのは16世紀頃。

世界貿易によって紅茶やコーヒー、チョコレートが普及した。

昨今「グローバル化」が言われてるが、当時すでにグローバル化してました。

「砂糖入り紅茶をイギリスのジェントルマンが飲む」ってのは

  • インドの紅茶に
  • カリブ海の砂糖を入れて
  • イギリスで飲む

すごいことです。

さて、上流階級の象徴だった茶やコーヒーは、しだいに民衆に広まった。

工業社会にぴったりなのです。

農耕社会は時間を気にしなくてよかった。

日が昇れば仕事して、日が暮れたらその日の仕事は終わり。

工業時代は時間厳守です。

「遅刻したら午前中の給料なし」

とかでした。

また、労働時間のあいだは生産性をキープしなきゃいけない。

そして「夜」がなくなった。

工場は24時間動かしますから。

  • カフェインは覚醒作用があります
  • 砂糖はエネルギー源になります

ようは「エナジードリンク」なのです。

雇用主は労働者を休憩させて、カフェインを摂らせた方が生産性があがることを確認した。

社会は労働者をカフェイン漬けにしていった。

カフェインは世界を変えた

人々をバカにしたのが「酒」でした。

農業社会は一部のエリートがアタマよければそれでいい。

臣民は「手足」であり、バカなほうがいい。

帝国時代の中国や封建時代の日本はそんな感じだったでしょう。

しかし、工業時代は人々を「目覚め」させなきゃいけない。

人々をチャキチャキ働かせて生産性をあげなきゃいけない。

カフェインで目をパッチリさせたら何が起きたか?

  • フランス革命
  • アメリカの独立戦争

これはカフェインの影響がよく指摘されてます。

フランスではカフェで喧々諤々の政治議論をするのが流行っていたわけです。

また、合理主義、啓蒙主義もカフェインの関係といわれている。

産業革命もカフェインの影響という主張もある。

マイケル・ポーランは「現代社会はカフェインでできている」とまでいってます……😂

リタイア後のカフェインとの付き合い方

以上カフェインの歴史を見てきました。

さて、リタイア者はカフェインを取るべきか?

「朝起きてシャキっと仕事しなきゃいけない」

社畜さんはコーヒー飲んだほうがいいかも。

でもリタイア者は仕事がない。

  • 朝早く起きるより、十分に寝る
  • 生産性をあげるより、毎日楽しく健康に暮らす

ことが大事です。

カフェインにもデメリットがあります。

  • 神経過敏になり、怒りっぽくなる
  • 不安や恐怖感が増強される
  • 下痢・頻尿になる
  • 不眠になる・睡眠の質が下がる

f:id:mikuriyan:20211222212840p:plain

「酒量が増える」

のが個人的にイヤです。

神経を落ち着かせるために酒を飲みたくなる。

どちらも耐用性があるので、アルコールもカフェインもエスカレートします😂

いまはコーヒーは禁止してます。

一日一杯、紅茶をのむだけにしてます。

そーすっと酒も少しだけでよくなります😘

関連:リタイア生活はアルコール依存に厳重警戒です

終わりに カフェイン、すごい

「ティを与え賜うた神に感謝を捧げる。ティのない世界なんか考えたくもない。ティ以前に生れなかったことを喜ぶ」シドニー・スミス

カフェインや酒を軸に世界史を見るとおもしろい。

人間の歴史なんて、ちょっとしたことで変わるのかもしれない。

「酒もカフェインも飲まないのがいちばんだ」

というかもしれませんが……。

一生酒を飲まない、コーヒー飲まないのも寂しい。

  • 酒を飲んでふわふわするのも気持ちいい
  • カフェインでギュイーンと集中力があがるのも楽しい

「うまく付き合う」

のがベストかな〜と思います😘☕

茶といえばイギリス、イギリスといえば川北センセ

←お酒の歴史はこれがおもしろいです😘

↓リタイア直後はカフェイン禁・禁酒してました😂

関連:カフェイン抜き生活 10日目の変化
関連:カフェイン断ち三日目で頭痛に襲われる
関連:【酒やめます】セミリタイアとアルコール依存
関連:「日本に帰りたくない」とむせび泣くイギリス滞在無職

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!