30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【出家無職】「リタイア者の幸福」vs「社畜の幸福」

わたくしは何ぴとのやとい人でもない。
みずから得たものによって
全世界を歩む。

他人にやとわれる必要はない。(スッタニパータ、中村元訳)

リタイア者は「出家者」みたいなもんです。

  • 社畜
  • リタイア者

これは

  • 俗世間
  • 出世間

の関係といえる。

f:id:mikuriyan:20210809171117p:plain

リタイア者=ブッダ 社畜=牛飼いのダニヤ 

牛飼いダニヤが言った、
「私はもう飯を炊き、乳を搾ってしまった。マヒー河の岸のほとりに、私は(妻子と)共に住んでいます。わが小舎の屋根は葺かれ、火は点されている。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

師は答えた、
「私は怒ることなく、心の頑迷さを離れている。マヒー河の岸のほとりに一夜の宿りをなす。わが小舎(すなわち自身)はあばかれ、(欲情の)火は消えた。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

「雨」は災難の象徴です。

ダニヤは物質的な城壁を築いて、災難から身を守れるとする。

ブッダは欲望や執着をなくしたから、自分は安全だと考える。

リタイア資金は「筏」

牛飼いダニヤが言った、
「蚊も虻もいないし、牛どもは沼地に茂った草を食んで歩み、雨が降ってきても、彼等は堪え忍ぶであろう。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

師は答えた、
「わが筏はすでに組まれて、よくつくられていたが、激流を克服して、すでに渡りおわり、彼岸に到着している。もはや筏の必要はない。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

この「いかだ」はいろいろな解釈ができますが(一般的には「教義」)、「リタイア者の資産」も似ています。

私がリタイアするには1000万円が必要でした。

でも、リタイア後はそんなにお金は必要ではなくなる。

だから雨が降って1000万円がどっかに流れても、まあやっていける。

リタイアするとほんとお金に執着しなくなります😘

関連:【脱お金】「お金の執着」から解放されるリタイア生活

他人に雇われる必要はない

「私は自活し自ら養うものである。わが子らはみな共に住んで健やかである。彼等にいかなる悪のあるのをも聞いたことがない。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」
「私は何人の傭い人でもない。自ら得たものによって全世界を歩む。他人に傭われる必要はない。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

ダニヤは自営業者ですが、ブッダは托鉢で暮らしました。

自営業者は奴隷でも社畜でもありません。

でも、モノを売ってお金を得ます。

それは「交換」です。

托鉢は、完全な一方通行です。

施しをもらった側は、お礼すらしません。

「施し」は「交換」ではないからです。

ブッダがいうのは

「対価をもとめて労働するのはクソ」

ということです。

対価を求めるとき、それは自営業であっても、他人の雇われ人になることを意味する。

自由を損なうのです。

関連:「金のため」が人生をつまらなくします【内発的動機づけ】

「何もない」から安全なのです

牛飼いダニヤが言った、
「未だ馴らされていない牛もいるし、乳を飲む仔牛もいる。孕んだ牝牛もいるし、交尾を欲する牝牛もいる。牝牛どもの主である牡牛もいる。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

「未だ馴らされていない牛もいないし、乳を飲む仔牛もいない。孕んだ牝牛もいないし、交尾を欲する牝牛もいない。牝牛どもの主である牡牛もここにはいない。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」 

「牛」は財産の象徴です。

それ自体が財産だし、働かせれば富を生産する。

現代風にいうなら、お金であり、株であり、「人材」 です。

  • 「うちは大企業でいろんな社員や商材を抱えておる😤」
  • 「私のポートフォリオは仮想通貨や不動産や株、いろいろあるぞ」

だから「安心なんだ🤗」と考える。

これが社畜マインドです。

ブッダは

「オレはニートだし株ももってない、だからどんとこい」

というマインドです。

無敵の人ですね……🤣

関連:【年50万円】底辺生活に「満足」できる人間が最強です

縛りつける安心と縛りつけられない安心

牛飼いダニヤが言った、
「牛を繋ぐ杭は、しっかり打ち込まれていて揺るがない。ムンジャ草でつくった新しい縄はよくなわれている。仔牛もこれを断つことができないであろう。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

師は答えた、
「牡牛のように結縛を断ち、臭い匂いのする蔓草を象のように踏みにじり、私はもはや母胎に入ることはないであろう。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」 

お金、株、「社員」……これらを

「よくしつけているから安心だ」

というのが社畜です。

「オレの完璧なポートフォリオならどんな不況でも耐えられる! かかってこい!」というワケ🤣

ブッダはむしろ、なにからも自由です。

輪廻転生からも自由。

もう悟ってますからね。

死んだらGoTo涅槃です。

どんとこい雨☔

終わりに 社畜の幸せ、リタイア者の幸せ

悪魔パービマンが言った、
「子のある者は子について喜び、また牛ある者は牛について喜ぶ。人間の執著(しゅうじゃく)する元のものは喜びである。執著する元のない人は、実に喜ぶことがない。」

師は答えた、
子のある者は子について憂い、また牛ある者は牛について憂う。実に人間の憂いは執著する元のもののない人は、憂うることがない。」

  • ひとりぼっちで暮らす
  • 働かない
  • ビンボー

私はそんな生活してます。

  • 「そんな生活がしあわせなわけない!」
  • 「ムリをするな!ウソをつくな!」

という勢力がよくあらわれます。

しかし、幸福にも「俗世間」と「出世間」のかたちがあるのです。

私も俗世間の喜びをそれなりに知ってます。

働いたし、金を稼いだし、恋愛もちょっとした。

でも、いまの生活がずっといいと感じます。

ビンボーリタイアには

「執着のない生活」

がある。

執着がないところに、ほんとーの安心があります。

もしそんな生活に興味があるなら……

「出家」

して無職になってもいいかもしれません🤣

←初期仏教はいつ読んでもいいです🤗

関連:【夢はニート】「お金はいらない」から働きたくないです
関連:【GoTo涅槃】貧乏セミリタイアすると「悟りが開ける」?
関連:【反社会的無職】「独立のための戦い」それがセミリタイアです

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!