30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

「中古のボロいものが好き」だと幸せになれる理由5つ

「ボロ好き」だと生きるのかんたんです

「この生活いいな〜🤗」

と思います。

万一お金持ちになってもこの生活を続けるでしょう。

「中古のボロいもの」がとにかく好きです

1.中古品は安くてお金がかからない

「新品は高い」です。

しかもどんどん価値が下がる😭

f:id:mikuriyan:20210516191944p:plain

おいしいのは↑の25年くらいです。

150万円ハウスも築25年くらいで買いました。

築25年の家は新築の10〜20%が相場です。

でも25年の家なんてよゆーで住めますよ。

ちょっと古くさいとか、シロアリがいたり、雨漏りするかもしれません。

でもそんだけ。

木造なんてがんばれば70年はいけるのです🤣

関連:【データで見る】「持ち家はリスクが大きい」は本当か?
関連:【半年住んだ】150万円で買った家に余裕で住める件

2.古いものは資産価値が落ちない

さらに資産価値が落ちません。

150万円ハウスを5年後に売ってもたぶん150万円以上で売れるでしょう。

新築と築10年はだいぶ違います。

  • 「ちょっと古臭いなあ」
  • 「生活感がある……😅」

と感じます。

というかマーケティングで違うよう見せかけるのです。

 

f:id:mikuriyan:20210516204439p:plain

いまはこんな家がブームですが、10年すれば「古臭い」となるのです🤣

でも、築25年と35年はたいしてかわりません。

ブームも古臭いもない。

どっちも流行遅れで古いです🤤

それでも「ひとがそこにふつうに住める家」が150万円だったらだれか買います。

家賃5万円で借りたと考えたら3年で回収できる金額ですから。

バイクも同じです。

1万円で買ったバイクも、2〜3万円で売れるでしょう。

どんな不人気車でも

「ある程度整備されたふつうに走る125ccバイク」

なら需要はあります。

関連:【趣味で儲ける】「バイク転売」で遊んでちまちま稼ぐ

3.古いものは気楽につかえる

200万円のバイクを買ったら……

毎日気をつかわなきゃいけません。

  • 盗まれないか
  • イタズラされないか
  • 紫外線や汚れで劣化しないか

乗ってるときも不調はないか、転倒しないようにしなきゃ、と非常に気をつかいます。

これじゃモノの奴隷です😨

でも1万円のバイクならテキトーでいい。

使い古したサンダルのように乗れます。

どっかでぶっ壊れたら

「そのまま解体屋にいけばいいや」です🤣

カバーをかける必要はなく、ロックもかけない。

駐輪場に何日放置しても気にならない。

4.古いものはスキルが身につく

「ボロいし壊れてもいいや」

ってものは「自分でいろいろやろう」となります。

150万円で買った家なんて自分で外壁塗装すればいいです。

1万円で買ったバイクも自分でメンテすればいい。

自分で外壁塗装すれば仕上がりはイマイチでしょう。

自分でタイヤ交換すればホイールは傷だらけです。

でも、別にどーでもいい。

関連:1万円スクーターに3300円の中華クラッチASSYをつけました(あとタイヤ交換)

それに「新品の劣化した部分をメンテする」よりも

「古くて傷んだものを自分で直す」方がずっと楽しいんですよね。

しかも、自分でいろいろ手を加えると知識やスキルが身につきます。

モノはいずれ朽ち果てますがスキルは一生モノです😘

そしてモノについて詳しくなります。

「古いもの」の目利きができるようになる。

つぎにモノを買うときには、もっとお買い得品をゲットできるってわけ。

関連:リタイア生活に「スキル・能力」はお金より大事

5.ボロいものは「また買えばいいや」となる

200万円で買ったバイクがぶっ壊れたら半年は凹みます🤣

でも、1万円で買ったバイクがぶっ壊れてもどーでもいい。

またフリマサイトでボロバイクを買ってくればいいだけです。

こーなると生きるのがかんたんです。

お金がぜんぜんいらなくなります。

お金がいらなくなれば、働く必要もなくなるってわけ……🤣

関連:「働く必要がない」から働きません

終わりに ボロいもので満足すれば生きるのはかんたん

「でもボロなんて恥ずかしい!」

それはそーです。

でも、逆にいえばそんだけ。

150万円の家でも快適に住めるし、1万円のバイクでも100km走れます。

  • たくさんのお金を稼いで
  • ピカピカの新しいものを買って
  • モノの心配に頭を悩ませる

これはすごくめんどくさい😢

でも、

  • 古いボロを買って
  • テキトーに道具として使う
  • 壊れたらまた別のボロを買う

こっちの方が気楽です🤤

  • お金かかりません
  • 知識や技術が身につきます
  • モノの執着がなくなります
  • 生きる不安もなくなります

「ボロに囲まれた生活」

おすすめです😘

関連:【節約】「見栄を捨てる」と「お金が貯まる」のです

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!