30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

貧乏舌の方がメリットあると思います

「あんた何食ってもうまそうにするね」

と女の子に呆れられたことがある私です。

去年の食費をチェックしてみました。

  • 5月 9202円(完全断酒してた)
  • 6月 14156円
  • 7月 13018円
  • 8月 11612円
  • 9月 11044円
  • 10月 8209円(実家にけっこーいた)
  • 11月 11756円
  • 12月 10997円

というわけでだいたい月1~1.5万円に抑えています。

私の食費が安いのは、たぶん貧乏舌だからだと思ってます。

もちの上にチャーシューを乗せて焼いたもの。基本マヨネーズと唐辛子かければなんでもうまい。

グルメに興味がありません

正月に実家のテレビをつけたらビビりました。芸能人が飯食って「おいしー!」「おいしそー!」とかずーっとそればっかりだったからです。

たしかにうまそうでしたが、そんなに食いものに執着する気持ちがわかりません。

大学の友人といい感じの寿司を食いに行ったり、前の会社の社長に連れられて2万円の高級料理や予約2ヶ月待ちの店で食いましたけど、そんなにうまいと感じませんでした。

そういう店って、マナーに気をつかうし、料理人もガチだし、サービスもガチだし、客もなんか気取ってるし、めっちゃ疲れます。

私はサバ缶ぐちゃーってかけて食う飯とか、納豆ねこまんまとか、目玉焼きトーストとか、そういうのを家で食う方がすげーうまいって思ってしまいます。

しょっぱい+辛い=おいしい→馬鹿舌

私は自炊ばっかですが料理にこだわってるわけでもありません。

調味料は塩・コショウ・醤油・マヨネーズ・唐辛子が基本です。みりんとか酒は使いません……。

味付けはしょっぱくて辛ければおいしいです。だから塩と醤油、コショウと唐辛子をガンガンかけます。それと白米をガツガツ食べておしまい。簡単でいいです。

厳しい食育が貧乏舌を生む?

なぜ自分が貧乏舌になったかはよくわかりません。

私のおかんは、かなり料理がうまい方です。あと食育もしっかりしてたと思います。私は昔っからポテチとかマックが大好物でしたが、ほとんど食べさせてもらえませんでした……。

もしかしたらその反動でしょうか? 厳しい食育のせいで貧乏舌になったのかもしれませんね。子どもに厳しい性教育するとあとあと変態になるって言いますし。今の私は200円のチルドピザとマックのポテトが大好物な完全貧乏舌です。

グルメと無縁に生きるのは気楽です

美食家より貧乏舌の方が気楽です。

おいしいものの快楽は長続きしません。

胃に入ったら全部一緒。おいしいのは一瞬です。だから毎日のようにおいしいもの食べたくなります。焼き肉、寿司、スイーツ。毎日うまいもの食ったらどうなるかというと、高血圧、高脂血症、高尿酸血症、糖尿病です。

そしておいしーものをたくさん食べるにはお金がかかります。だからたくさん働かなきゃいけません。大げさかもしれませんが、「おいしいものが食べたい」という欲望は、労働と消費のループを加速させるのです(だからメディアはグルメ放送してるのかも)。

私はおいしいもの食べる不自由な生活より、サバ缶食って自由の方が好きです。だからずーっと貧乏舌でいいかなあと思ってます。

ちなみに上のチャーシュー餅はすげーうまかったです。居酒屋なら500円はとれるな😁

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!