30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【実は大変】30歳でリタイアすると膨大な時間が生まれます

30歳でリタイアしてそろそろ8ヶ月です。

今回はリタイアの「大変さ」について語ろうと思います。

「膨大な時間」をどうマネジメントするか?

30歳でリタイアした私には膨大な時間があります。(明日事故死しない限り🤣)

リタイア希望者の方は「経済的自由を得るぞ!😤」とがんばってると思いますが。

実は、「経済的自由」を得たら次なる問題が待っているのです。(1000万円は経済的自由じゃないぞ、という意見はさておき)

それは「時間をどう使うか」という問題です。

社畜ライフは実は「快適」

社畜ライフでは、一日のほとんどは労働に費やされます。

仕事で疲れたから酒を飲み、テレビでも見る。週末はショッピングや趣味でストレス解消。それで1週間が終わります。

私はいつも「社畜ライフはうんこ」と言ってますが、社畜時代は良かったな~と思うこともあるのですよ😘

  • お金は毎月入ってくるし
  • 毎日の仕事は命令に従えばいいだけ
  • 他人と関わることがあるし
  • 嫌~なことがあっても、会社のせいにできます

(まあ、なんでも過去というのは美化されるのです)

会社員がある意味で幸せなのは、「なにも考えなくていいから」です。

関連:【真実】サラリーマンには「家畜の幸福」がある

リタイア生活は実は「大変」

一方で、リタイア生活はなにげに大変です😅

かんぜんに自分の人生を自分でマネジメントしなきゃいけません。

毎日ゴロゴロしてもいいですが、飽きてきます。

なにか自分のしたいこと、新しいことを見つけだして、積極的にPDCAサイクルを回さなきゃいけない。

人生それ自体がひとつの「事業」みたいになるのです。

「なんだリタイアライフってクソじゃん😓」

いや、良いところもあるんです。

いつも言ってることですが、「自由」と「快適」は二律背反です

  • 自由を追求すれば快適さはなくなります。
  • 快適さを追求すれば自由がなくなります。

リタイアライフは完全に自由な生活です。

だれにも指図されず、自分がしたいからあれこれする。

  • 自分が何をすべきか?
  • どうやって生きるべきか?

そーいうややこしいことを考えなきゃいけないし、考える時間はたっぷりあります。

f:id:mikuriyan:20200716211539g:plain

私もヤバいくらい哲学的深みに入ることが何度かありました😅

しかし、私が気に入っているのは「自分の人生が自分のモノ」だということです。

私は自分の人生が失敗してもいいんですよ。

しょうもないおっさんが惨めな貧乏生活を送って野垂れ死ぬ、それもいいと思います。

自分がそれを「選んだ」から、悔いはないというわけ。

一方で、社畜のまま一生が終わったらと思うとゾッとします。

  • たまたまクソみたいな社会に生まれて
  • たまたまクソみたいな会社に入る
  • 死ぬ

「だれかのせいで人生が台無しになる」のは最悪です🤔

終わりに 自由人として生きるのは実は大変です

自由人も意外と「大変」です😭

という話でした。

私は「みんなリタイアすればハッピーになれるよ~」と言うつもりはありません。

あきらかに、世の中社畜に向いてる(自由に向いてない)人がいるからです😅

自由を求めてリタイアしたら、かえって自由に押しつぶされてしまう……。そんな人もいるでしょう。

結局は、パーソナリティや成熟度の問題だとは思いますが……。

  • 「ママ(会社)のおっぱいしゃぶってる方がいい」
  • 「俺は飼いならされた羊ではなく狼だ!」

あなたはどちらでしょーか?😘

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!