1000万円で実現する「遊んで暮らす」生活

無職生活が世界を変える
1000万円でリタイアして2年たちます。
「遊んで暮らすってかんたんだなあ」
と思います。

1000万円でリタイアはまーまーよゆー

「遊んで暮らす」生活は生産的です

「でもリタイア生活ってなにもすることないんでしょ?」
と思うかもしれません。
リタイアして気づくんですが、
「お金を稼ぐ=生産的」
ってわけでもない。
むしろ逆です。
金を稼ぎたいなら非生産的な方がいい。
  • 汗水たらして働くよりも、派遣会社をつくって他人を働かせた方が儲かる
  • バリバリ働いて会社の重役になっても、そのへんの投資家の方が儲かる
釣りにいそし無職
リタイア生活はお金を儲けません。
私はブログとYouTubeで月収4〜5万円とかです。
でも、そのへんの社畜より生産的だと思ってます。

金を儲けたいなら無職でもなんとかなる

金儲けは生産性とは関係ありません。
「一生懸命働いても低賃金」
ってことがある。
逆に
「汗水たらして働かなくても金を稼げる」
ってこともある。
「苦労すればカネが稼げる」
ってのは社畜用ドグマです。
たとえば1000万円でリタイアしたとしても……。
300万円の物件を買って、月5万円で貸せば、お金が増えていく。
(ちなみに今日300万円の物件に購入意思をつたえました。
「たぶん無理っス」って営業がいってたのでムリですね〜🤣)
「お金がほしいなら、お金を稼ぐチャンスはある」
とリタイアして1〜2年すりゃ気づきます。
「不労所得」
って魔法ではない。
そう難しくもない。
  • お金を働かせる
  • 家を働かせる
家なんてだれかに貸せば24時間365日働いてくれます。
そんで毎日2000円とかくれます。
難点は……「おもしろくない」ってことです🤣
  • カネにならないけどおもしろい
  • カネになるけどつまんない
ここがむずかしい。
楽しめる人はいいんでしょうが……。
私はどーも金儲けはクソゲーに感じます😂

「健康で幸せな人間」がこの世に求められる

金持ちも、権力者も、一種のパラノイアです。
テレビをつければ気が狂ったような連中ばかりです。
マルクスが「資本論」で語ったことは、労働者だけでなく、資本家も資本の道具になるってことでした。
資本とは価値を自己増殖するモノです。
労働者も、資本家も、その自己増殖の道具になる。
まー世の金持ちなんて偉そうにしてますが、彼らもまた道具です。
世の中は労働者がほとんど。
資本家が1割いるかわからないが……みんな資本の奴隷です。
こーいう社会で
  • 「ニートでぽやぽや暮らしてます😚」
  • 「労働はしたくないし、お金も食えるだけありゃーいいです」
なんて人間は……。
価値があるのです。
ディオゲネスはまっ昼間にランプをつけて街をまわり、「人間を探してるんだ」といった。
私もネット検索すると「人間はどこだ〜」となりますが……🤣
希少性があればみんな求めます。
だから無職のYouTuberなんて人気だし、FIREブームなんてものも生まれる。
  • 闇の世界の光
  • 狂気の世界の理性
  • 砂漠の中のダイアモンド
それが「無職」ともいえる。
なにが言いたいかってーと……
「遊んで暮らす人」
はそれ自体にスゴイ価値があるってことです。
お金になるってだけじゃない。
世の中を変えたり、だれかの人生を変えるパワーがある……。
たぶん😂

終わりに 遊んで暮らす生活をゲットしよう

  • 「リタイアしたらお金の不安がすごそう」
  • 「毎日やることがなくて退屈しそう」
というのが大半の人の懸念でしょう。
  • 経済的不安はほとんどない
  • ぽやぽや暮らすことも意義がある
ってのがリタイアした実感です。
みんなもこんな生活しましょう。
リタイア者のなかには、
「社畜が減ったらオレの暮らしが成り立たない!😭」
と無職増加を恐れる人がいます。
私は逆です。
無職はガンガン増えるべきです。
社畜はほとんどいなくなった方がいいと思ってます。
「すべての人間が自由に好きホーダイに生きる」
よのなかゼッタイそっちのがうまくいきます……🤣