30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【無職が語る】「遊び人」が賢者になる理由

そのへんの小学生より遊んでる33歳無職男性

マジで毎日遊んでます。

「こんな生活していいんかな😂」

となります。

遊び人は世界を知るのです

「自然に働きかけてこれを変化させ、生産手段や生活手段をつくりだす人間の活動」

が「労働」の定義とされる。

私たちは40年間9時から5時まで生産手段をつくりだしているのです。

ところがリタイアすると

「生活手段」

はそろっている。

  • お金がある
  • 住むところもある
  • 不労所得もある(私はないけど)

こーなると生産活動はそんなにしなくなる。

必要ないからです。

私たちは生産マシンとして育てられる

  • 「働かせる人」=エリート、支配者
  • 「働かされる人」=労働者、被支配者

で社会はできている。

  • 政治家がいて納税者がいる
  • 経営者がいて労働者がいる
  • 宗教家がいて信者がいる

ほとんどのひとは「働かされる」ための教育を受ける。

  • 従順であること(命令をしっかり聞くこと)
  • 逸脱しないこと(まわりと合わせること)

そしてもちろん

「能率的であること」――つまり生産性が高いことが求められます。

働くことは生産行為だからです。

したがって「働かされる人」はすべてが生産性によって図られる。

  • 高い偏差値
  • 高い年収

なら「生産性が高い」とされる。

エクソダスとしての遊び

一方「遊び」は生産性と関係ない。

  • 自分が楽しそうなことをする
  • 自分が満足できたらそれでおしまい

ニートやリタイア者のような遊び人は生産性の価値観から逸脱します。

  • 働くことがない
  • 他人を働かせることもない
  • 失業者や子どものように「労働者の準備段階」というわけでもない

生産性ゼロです😂

こーいう人間を表現する言葉はたくさんある。

(もちろん良い意味ではない)

これはそもそも社会が「生産の場」だからでしょう。

逆にいえば、人は

  • 遊ぶ
  • 働くことをやめる

ことによって社会を脱出することになる。

今日は沢登りしてきました😘

遊び人は世界の広さを知る

生産性に縛られた

「社会」

の外には世界が広がっている。

多くの人間がエリートになりたがります。

しかしそれは「狭い世界」にすぎない。

愚か者の楽園に住んでいる人々の幸福を羨ましがってはならない。それを幸福だと考えるのは、愚か者だけであるから。 

生産性を離れたところに「広い世界」があるのです。

終わりに遊び人から賢者になるのです

古代の宗教家も、哲学者も、働かなかった。

また、働かせることも(あまり)なかった。

非生産的な活動を楽しんだ。

「小さな世界」

で快適に暮らすのもいいですが。

ニートになって

「広い世界」

に出てみるのも。

とってもおすすめですよ……😘

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!