30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【労働はクソ】「反労働」が世界的なブームです

世界が追いついてきた

「労働を損切り」するひと、海外で激増

中国:「寝そべり族は正義だ」by Luo Huazhong

'Lying Flat Is Justice': Chinese millennials are ‘chilling,’ and Beijing isn’t happy about it - The Economic Times」からテキトー訳していきます。

5年前、Luoはなにもしないことが楽しいと気づいた。彼は中国の工場労働者をやめて、四川省からチベットへの1300マイルをチャリでいった。そして月に60ドルあれば生きていけると決心した。彼はこれを「寝そべり族」と読んだ。

「チルしてまっせ」と31歳のLuoはブログに書いている。その記事に、「寝そべり族は正義だ」というタイトルをつけた。

バリバリ働いて、結婚して子どもをもつ。これがひと世代前、中国で成功する道だった。みんなが貧困から救われてゆたかになったのだから、中国の権威主義はトレードオフだとみられていた。しかし労働時間がのびていき、住宅の価格が収入よりもはやくあがっていくにつれ、多くの中国の若者たちが危惧しだした。親の世代よりもよい暮らしができないんではないかと。

Looのブログ記事は、検閲によって削除された。北京の経済的野心に対する冒涜とみなされたのだ。「寝そべり族」に関する記述は、中国インターネットで厳しく規制されている。若者は国の未来のために働くよう諭す公式な反論も存在している。

「寝そべる」とは、結婚しないで、子どもをもたず、就職しないで、家やクルマといったモノを避けることを意味する。これは中国指導者たちが人民に求めることの反対だ。

おまえは俺か🥺

寝そべり族は中国で「タブー」だけど、じわじわ広がってるっぽい。

f:id:mikuriyan:20220217161919p:plain

関連:【労働の拒否】中国の「寝そべり族」に共感する32歳リタイア男性
関連:【無職ブーム】公園で「寝そべり族」をしてきました

北米:Redditのr/anti-work、爆発的なブームに

反労働なsubreddit「anti-work」の会員数がすげー増えたようです。

ファイナンシャル・タイムズの2022年1月の記事「Reddit ‘antiwork’ forum booms as millions of Americans quit jobs」より。

会員数は2020年10月の18万人から、今月の160万人に激増した

実際に仕事をやめる人も増えた。

労働局は火曜、11月の450万人を含む、膨大な数のアメリカ人が昨年仕事をやめたと報じた。これは2001年からの調査以来、最高の「離職率」だった。

とーぜんFIREブームにもつながっている。

コロナも一因だろうけど、もともとアメリカは経済的に深刻な問題を抱えている。

  • 格差がクソ広がる
  • 住宅価格はクソ値上がり
  • おまけにインフレ

「もー働くのアホくさ😅」

となるのもとーぜんです。

関連:コロナウィルスはベーシック・インカムの夢を見るか?

「良い労働」なんてありはしない

神は死んだ

経済超大国であるアメリカと中国で

「働かないこと」

がブームになっている。

ただ、反労働は「サヨク思想」ではありません。

  • 労働者の待遇改善
  • 資本家支配の打倒

を目的としていない。

「もう労働いらね😅」

と損切りすることです。

労働中心の生活は捨てる。

労働は

  • 人生にいらないもの
  • 生きるためにちょっぴりしなきゃいけないもの
  • たまにする気分転換

そんくらいのポジションに置く。

ネオリベラルも共産主義者も中道も労働を崇拝する。

反労働は違います。

資本主義の神――「労働」を殺すのです😚

終わりに 労働から遊びの世界へ

「働く者は、働かなくなると退屈する。働かない者は、けっして退屈しない」

とだれかが言った。

働かないでなにするのか?

  • こころゆくまで遊ぶ
  • 自由に自分を発展させる
  • 自分のための人生を生きる

労働はオワコンです。

  • 「仕事をやめたら退屈で死んじゃうよォ!😭」
  • 「贅沢な暮らしして他人に自慢したい!🥺」

というクソザコは働きましょう。

しかしビッグウェーブに乗れる人は……。

ひと足お先に人生を楽しむ

  • 「アーリーアダプター無職」
  • 「労働損切り民」

になるのもありです……😘

f:id:mikuriyan:20220217173912p:plain

関連:【労働はオワコン】これからは「怠け学」の時代です
関連:1000万円で実現する「遊んで暮らす」生活
関連:【ひとり脱資本主義】ほとんど働かない・消費しない生活は楽しいです
関連:【食費0円】「フリーガニズム」で働かずに生きる人の話

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!