30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【脱消費主義】消費地獄を抜けだしましょう

私たちが目にする広告は一日に5000もあると言われています。

多種多様な商品の多種多様な広告ですが……。

そのほとんどすべてが同じことを訴えています。

  • 「もっと消費しろ」
  • 「消費はいいことだ」
  • 「たくさん消費すれば幸せになれる」

消費主義は、現代のもっとも強力な宗教と言えるでしょう😨

「いらないモノ」を喜んで買う消費者

資本主義社会は「お金を投資してさらなるお金を得る」社会です。

企業はお金を儲けるために、設備投資などしまくります。

そのおかげで生産性は爆上がりし、私たちの生活は豊かになりました。

でも、いくら生産性をあげても、人間に必要なものには限りがある。

洗濯機とか炊飯器とか、一個あればそれで十分なんです。

すると、モノが売れなくなってしまう。

「投資したのにモノが売れない!」 そーなると企業がぶっつぶれて、投資家は破産します🤣笑

だから、消費者に「必要のないモノ」を買わせる必要がある。

同じ洗濯機でも、ちょっと付加価値をつけて、「これはすばらしいものだ!買わなきゃいけない!」と思わせる。

そんなふうに、どんどん消費するよう人間を操作する――そんな目的のために「広告」が発展していきました。

成熟した資本主義の本質は「広告」

広告とは、単にチラシをつくったりCMを流すだけではありません。

もうすこしエグく言えば、「人間を消費者に変えて企業に売る」仕事です。

よーは、人間という原料を加工して、消費者という製品にするのです🤣

広告によって私たちは

  • 😵「お金を使うことは楽しいんだ」
  • 😵「お金を使えば自分は立派な人間になれるんだ」
  • 😵「たくさん商品やサービスを消費することが幸せなんだ」

と信じるようになります。

成熟した資本主義では「生産」よりも「広告」、つまり「モノをつくる」よりも「消費者をつくる」方が大事になる。

例えば、GoogleやFacebook、Twitterは莫大な利益をあげてますが、その利益のほとんどは広告によるものです。

スマホを買い換える必要はあるのか?

一例をあげると、だれもがスマホを持っています。

古いスマホは、ちょっと動きが遅くって、カメラの画質はよくないかもしれないけど、消耗したバッテリーを交換すれば何年も使えるはずです。

でも、多くの人が「少し古くなったから」と機種変更をしてしまいます。

使い切れないハイスペックだとか、ベゼルが細いとか、カメラが3つあるとか……割とどうでもいい機能でバカ高いモノを買わせるわけです。 

そしてその「最新のクールなスマホ」も、少しすれば陳腐化してしまうんですよね。

これは典型的な消費主義だといえます。

終わりに 脱消費主義しましょう

「足るを知るものは富む」

老子という人がいいました。

結局、資本主義とは

  • お金をじゃんじゃか投資してさらにお金持ちになる人
  • アホみたいに消費して(精神的、経済的に)さらに貧しくなる人

この二極化です😅

f:id:mikuriyan:20200530212152j:plain

消費主義を抜けだすのは簡単です。

「金を使わない」だけ。

依存症と同じで、はじめは辛かったりイライラしたりしますが、月3万円の生活費で3ヶ月も暮せば「金使わない方がハッピーだなあ」と気づけるでしょう笑

広告に操作されず、自分の頭で考えて、消費地獄を抜け出しましょう。

「消費者」をやめてふつうの人間になった方が、人生はハッピーです🤗

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!