30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

ひとはいつから「働きすぎ」になったか――過労の人類学

「なんでこいつらこんなに働くんだ……😨」

と毎日ドン引きしてる無職です。

  • 月3万円あれば生きていけます
  • 月6万円あれば豪遊できます

それなのに、人は月20万円だの50万円だのを稼ぐために、アホみたいに働いている。

なぜか?

その答えは「不平等」にあるのかもしれません。

働きすぎの人類学

多くの国家なき社会は、すくない労働で生存に必要な食料を入手する高度な技術をもっていた。それでも、必要以上には働こうとしない。一方、ぼくらは必要を充たせても、それ以上に働こうとする。考えてみれば不思議だ。

くらしのアナキズム

って本を読んだらそれっぽい記述があった。

著者は文化人類学者の松村圭一郎。

過剰な生産は「だれかのために働く」とき生まれた

クラストルは、歴史上、「過剰な生産」が生まれたのは、社会が支配者と被支配者に分かれたからであるという。支配者は働かず、もっぱら被支配者が生みだす余剰生産物に依存して暮らす。つまり、その支配者の生活を支えるために、人びとは自分たちの必要をこえて働くことを強制されてきたのだ。

まーそーですよね。

「自分が食っていく」

ならそんなに働かなくていい。

「働かねー人間を食わせる」

とき、たくさん働かなきゃいけなくなる。

ここでの

「働かねー人間」

はニートやナマポじゃないのです😉

「生産活動に従事しないのにその成果を得る人間」

の最初の例は

「司祭」「職業軍人」

でしょう。

彼らは祈祷や戦争はするけど、ごはんはつくりません。

労働者(農民や奴隷)に食わせてもらいます。

中世では「領主や教会」になる。

資本主義社会では「資本家」です(そのとりまきの政治家や官僚を加えてもOK)。

資本家(経営者や株主)って、基本的に働きません。

でも配当金を毎年5000万円もらってたり。

ジェフ・ベゾスは17000000000000円も稼ぎました。


ベゾス宇宙追放運動。まあ嫌われてもしゃーない。

なんでこんな稼げるのか?

「労働者が一生懸命働いてくれる」

からです。

「いや、俺は自分の給料のために働いてるんだよ😏」

という社畜がいるかもしれないけど。

一日8時間働くとしても

「自分のために働く時間」

って実は少ないのです。

「他人のため」

にかなりの時間を働いている。

だからこそ、労働時間も密度もぐんぐんずいずい上昇して

「働きすぎ」

となる。

関連:【労働、税金、家賃】会社員はどれほど搾取されているのか?

「隷従の欲望」がしみついてるんよ

ぼくらが必要以上に働こうとするのは、必要をこえて働くことを強いられてきた歴史や隷従の欲望が隠れているからかもしれない。

ピエール・クラストルは私たちに

「隷従の欲望」

があることを指摘している。

ブラック企業で働いている人は「つらいだけ」ではない。

そこには「快楽」がある。

  • 経営者がステキな人に思える。命令にしたがったり奉仕するのが楽しくなる
  • 激務していると自分が崇高なことをしてる、自分は有能なんだ、社会の役にたっている、とか考えるようになる
  • 命令に従うだけの生活は安心。人生だの死だの考えるヒマもない

一言でいえば

「家畜根性」

ですね。

結局、それは邪悪な経営者を利するだけ。

そして「不平等のために働く」現代社会へ……

クラストルは、「本質的に平等社会である未開社会では、人間は自らの活動の主人、その活動による生産物の流通の主人なのだ」と書いている。それがあるとき、すっかり逆転してしまった。

「生産活動が初期の目的からそれ、自らのためにのみ生産していた未開人が、交換も互酬性もなしに他者のために生産する時、全てがひっくり返る。その時、すなわち、交換の平等性の規則が社会の「民法法規」であることをやめ、生産活動が他者の必要を充足することを目ざし、交換規則に負債の恐怖がとって変わる時、われわれは労働について語ることが可能となる。」

もともと、人類はかなり平等主義的だった。

たくさん富を得ようとしたり、特権的なふるまいをするヤツは嫌われた。

それが「他人のために生産する」ようになったとき……。

「すべてがひっくり返った」

とクラストルはいう。

アマゾンの倉庫でジェフ・ベゾスのために働くとき。

なにをしているかといえば

「不平等を再生産」

している。

超絶金持ちをもっと金持ちにしている。

これは人類的には「やりたくねえ」ことですが。

権力はそーいうことをさせることができる。

「人にしたくないことをさせる」

のが権力の定義ですから。

おそろしい教育だ……😨

「不平等のために働く」

ことが人類の脳みそに

「とーぜんのこと」

と染み付いたとき……。

平等にぽやぽや暮らしていた人類は

「楽園追放」

となりました。

そして朝から晩まで働くことになった😭

主なる神は、彼をエデンの園から追い出し、彼に、自分がそこから取られた土を耕させることにされた。(聖書)

終わりに 自分のために(ちょっとだけ)働こーぜ

「自分ひとり食っていくならそんな働かなくていい」

ってリタイアすると実感できます。

自分だけならけっこーすぐ満足します。

しかし、会社員の大半は自分のために働いていない。

経営者、国家、大家や銀行のために働いている。

そーいう連中は、満足することはない。

あなたは自分のために働いていますか?

立ち止まって考えてみたほーが良いかもしれません……😘

関連:【支配と搾取】文明社会は「カルト」です

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!