30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

30代で公園野宿するのも乙なもんです

野宿、してきました。

めちゃんこ楽しかった……。

f:id:mikuriyan:20200321221338j:plain

野宿は楽しい

野宿は究極のシンプルライフです

ひさしぶりに150万円ハウスを離れて野宿してみました。

といっても、すぐ近くの公園です。久しぶりの野宿なので、いつでも逃げ帰れるようにしました😅

はじめはテント泊の予定が、東屋があるんでそこでいいや、となりました。

「楽しい」といっても、なにか特別なことをするわけじゃありません。

カップ麺と菓子パンを食い、読書をしながら酒を飲み、寝るだけ。そんなんでもめちゃ楽しいのです。

f:id:mikuriyan:20200321221352j:plain

最低気温はまだ一桁。

寝袋はNatureHikeのCW300というモデルです。軽量コンパクトですがその分薄くて寒さがきつかったですね。虫がほとんどいないのは良かったですが。

今回気づいたのは「東屋サイコー」ってことです。

公園&東屋での野宿ははじめてでしたが、非常に野宿向きなことがわかりました。

屋根はあるし、水平とれてるし、ベンチは地面から離れてるし、何より水道やトイレがあるのは神です(野○で人間の尊厳を損なわなくて済む)。

難点は天井があるので星が見えないことくらいでしょうか。テントなし泊の醍醐味はそこですから。

ともあれ……野宿サイコー! となりました。寝袋とマットだけで過ごす夜は強烈な解放感があり、非常にリラックスして過ごせます。

セミリタイアと貧乏旅はバツグンの相性 

旅したい欲がむくむくしてきます

貧乏リタイア者はお金をガンガン使えるわけではない。でも、時間と体力はたくさん有り余っている。やはり貧乏旅と相性が良さそうです。

リタイア者って、なんとなく「大学生」に近いですね。学生のときは金がなくてもなんだかんだ楽しかったと思います。貧乏リタイア生活も似たものがある。大学生的なノリで三十路のおっさんが旅に出てもおもしろいかもしれない。 

野宿はお金がかかりません。昨日の野宿のトータルコストは450円でした。カップ麺、菓子パン、お酒、以上。チャリでの旅ならガソリン代もかかりません。食費1日1000円なら、100日旅に出ても10万円。家にいるより安いかもしれない……!

日本一周してみたい

「とりあえず日本一周しよっかな……」

と野宿したら一気に強気になってしまいました。 

私は海外バックパッカーもどきはしたことあるのですが、「日本なんてどこも一緒だろ」と斜に構えて国内旅行をぜんぜんしたことがないのでした。

暇になったわけだし日本一周しようかと夢想しています。

「チャリ日本一周」「バイク日本一周」どちらにしようか? たぶんバイクになるでしょうけどね。ま、まだ計画以前の段階です。

ともあれ、野宿すると「夢が広がる」という気がします。

特に、この時期が野宿には最適の季節です。みなさんにもおすすめします。

関連:「野宿スキル」でセミリタイアは10倍楽しくなる

ちなみに、ノジュクリアンとして昨日はからあげ隊長を紹介しましたが、「かとうちあき」という人も有名みたいです。こちらはちょっとサブカル臭がありますけどね……。

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!