30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

これからは30歳でリタイアが当たり前になる

持ち家+数百万円=リタイア

30歳でリタイアなんてムリなんじゃない?

と思われるかもしれません。

でも、ファイナンシャル・プランナーがGoサインを出してました。

FP「さっさと辞めろ」29歳リタイアの秘訣は「持ち家」

29歳、貯金1600万。仕事が嫌になりセミリタイアしたい (All About) - LINE NEWS

この29歳青年は、

  • 貯蓄と資産で1500万円(配当年20万円)
  • 実家ぐらし
  • 親から2000万円相続予定

とのこと。つまり、彼には実家+3500万円の資産があることになる。

1000万円ぽっちでリタイアしてる私とは格が違うのですが……彼と私が同じなのは支出の少なさです。

  • 家賃1万円
  • 食費2万円
  • 光熱費2万円
  • 雑費1万円

1,2,2,1……美しい数字が並んでますね。月1万円で住まわせてる親も神ですが(光熱費は世帯分負担してるのかな?)、彼の節約意識もとてもいい感じです。

実家暮しとは言え、これだけで生活ができることに驚きがあります。と同時に、支出の中に人や社会との関わりが見えて来ません。これで働くこともしないとなると、今後の生活そのものがどうなってしまうのか……。 

業界26年のベテランFPもびっくりの節約家です。まあ……FPのところにくるのは収入も支出もガバガバの人でしょうからね😅

ともあれ、FPはバイトすれば余裕だと言います。

セミリタイアとなった場合のキャッシュフローを考えてみましょう。キリのいいところで来年、30歳で退職してセミリタイア生活に入るとします。公的年金が受給できる65歳まで35年間。仮に現在と同じ生活費で済むとすれば、月8万円のアルバイト収入に健康保険料など差し引けば、ほぼトントン。貯蓄はできませんが、貯蓄を取り崩さないこともほとんどないという状態です。ただし、投資からの配当が年20万円あるとすれば、35年間で700万円。これは別途収入として、保有資産に積上っていくことになります。

ファイナンシャル・プランナーはいいます。「もうさっさと辞めちゃえよ」と。

大まかな試算ではありますが、セミリタイアは可能となります。では、どのタイミングでリタイアすべきか。個人的には、なるべく早い方がいいと考えています。普通は今度の冬のボーナスをもらってから、と考えたくもなりますが、できるだけ早くが望ましいでしょう。

今は仕事で消耗してるようだから、2,3年ゆっくり休んで、働きたくなったらちょこちょこバイトでもすればいいんじゃない? ということのようです。なんか人生相談みたいになってます。

……ところで、もう彼には結婚も子育てもない前提なんですね笑 私もそうなんですけど。

結婚と子育てする気はありません - 30歳1000万円でリタイア

資産を増やすより支出を減らすこと

この記事で重要なのは、資産云々よりもキャッシュ・フローです。FPが言っているのは月の支出が6万円程度であれば、月8万円の収入でトントン、貯金に手をつけることはないということです。

月8万円は日給8000円での月10日の労働を意味しますが、世の中にはいろんな金の稼ぎ方があるのも事実。たとえばモルモットとして10泊治験を受けるとゴロゴロしてるだけで20万円以上もらえます。

無職でもお金を稼ぐ方法はあるのです - 30歳1000万円でリタイア

300万円で家を買う

  • 「でも俺は実家でニートしてたら追い出されるよ」
  • 「月5万円は家に入れろって言われてる」
  • 「実家は親がうざくて居心地悪い」

そういう人も多いでしょう。

そこでおすすめなのが「300万円で家を買う」です。

人口減少と東京一極集中で地方はかつてない家あまりの時代です。私がいろいろな地方の売買物件を内見した限り、500万円あれば相当上等な家が買えます。300万円あれば普通に住める家が買えます。私のように交渉次第で150万円で家を買うことも難しくないと思います。

f:id:mikuriyan:20200115093511j:plain

150万円でふつうに住める中古戸建てが買えます - 30歳1000万円でリタイア

ただしこの価格帯で買えるのは、立地が悪いところになります。でも、働く必要のない人にとって立地が重要でしょうか? 通勤はしませんし、今はなんでもネットで手に入る時代です。

300万円のまとまったお金なんてないよ」「リスクが怖い」という人もいるでしょう。

そういう人は、人生よよよ氏がおすすめするように、杵築市の家賃1万円アパートや国東市の家賃7000円のアパートに暮せばよいでしょう。よよよ氏は私よりずっと資産家ですが月、3~5万円の支出で生活しています。

働かなくていい時代はもう来ている

実は、働かなくていい時代はすでに来ているんだと思います。

f:id:mikuriyan:20200115211638j:plain

たぶん1000万円あればリタイアは余裕です。もしかしたら500万円でもいけるかも😝

20代から年間100~200万円貯金できれば、500~2000万円は貯まるでしょう。そのあとは悠々自適に暮せばいいのです。

今の日本は、食料品は安く、飢えることはありません。衣類や家電はフリマでただみたいに買えます。家は300万円で買える、あるいは月1万円で住める。他人との交流や娯楽はインターネットでいくらでもできる。

金なんてほとんどいらない。

それなのに、「働くしか生きる道はないんだ」と思ってる人が非常に多いです。そういう人は死ぬほどつまらない人生を生きたり、精神病になって自殺します。嘆かわしいことです😒

いまのところは30歳でリタイアはごく少数です。でも、私のように早く「社会に見切りをつける」人が、今後どんどん増えてくると思ってます。とくに日本の労働環境はファッキン・シットのゴミクズですからね~。

労働も、消費も放棄した若者たち……パラダイム・シフトは近いのかもしれません。

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!