30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

ファイナンシャルプランナーの「机上論」は無視していいです

「貯金1400万円の30歳会社員、投資で生活できますか?」

というM男氏の質問がAll Aboutにあった。

ファイナンシャルドクター氏の答えは「踏みとどまるべし」でした。

私は「さっさとやめちゃえよ😚」でした。

M男、仕事やめよ?

ファイナンシャルドクター氏はこういいます。

たとえば、現在に毎月20万円でゆとりのある生活ができていて、40歳でリタイアして90歳まで生きれば、その生活費の12倍の50倍が必要資金です。

20×12×50=1億2000万円

1億2000万円は物価上昇を見込まなかった場合。もし、2%の物価上昇が続けば、一気に数字は2億円に跳ね上がります。 

つまり、「資産食いつぶし」で30歳でリタイアするなら2億円必要。

10年後の40歳以降、投資元本から毎月20万円ずつ引き出しても、90歳まで資金が枯渇しないためには、投資元本2400万円を年率10%平均で運用する必要があります。今のM男さんの投資スキルなら、十分に可能なように見えますか?

40歳からリタイアしても、2400万円を年率10%で資産運用しなければならない。

ああ、ドクター!

リタイアはなんて困難なんでしょう……😭

30歳1000万円でリタイアしたおっさんの答え

M男、辞めるべし

私はリタイア可能だと思います。

この続きはcodocで購入

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権は有料領域以外はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!