30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

50円で激安パームレストを自作しました

パームレストをDIYで作った話。

私が持ってるキーボードはトチ狂って買った3万円以上のもの

これが打面が高く、手首が痛くなる。パームレスト使用前提なのだろう。

パームレストは、英語だとwrist restと呼ぶ。手首を休める台だ。

このパームレストは単なる台または板なのだが、買うととっても高い。

こんな板きれが3300円ですってよ奥様……。

なので家に転がっていたクッションフロアで自作することにした。

クッションフロアからパームレストをつくる

f:id:mikuriyan:20200105143127j:plain

クッションフロア。どこの家庭にもあるだろう便利グッズ。これはダイソーで2枚100円で買ったもの。

f:id:mikuriyan:20200105143133j:plain

ハサミで半分にカット! 半分は茶色にしてオシャレ感を演出。

f:id:mikuriyan:20200105143138j:plain末端の接続部をカットし、輪ゴムで2枚をくくって完成。接着剤をつけてもいいけど、なんかめんどくさいので輪ゴムで。カラー輪ゴムがいい感じだ😁

これで高さは2cmになります。

f:id:mikuriyan:20200105143131j:plain

手首に角が当たるのでエッジを削りました。はじめはナイフで削いだが、ハサミの方が切りやすかった。

完成!

はい、そんでカメラでパシャリ。

f:id:mikuriyan:20200105143352j:plain

うーんいい感じだ。

クッションフロア製パームレストのインプレッション

タイピングはずっと楽になりました。高級キーボードの本領発揮といったところです。高さも2cmでちょうどいいみたい。

ただ、左右の幅が短かったです。けっこうカーソルキーを使うので、右側が足りないと感じます。あと5~10cm長ければ完璧ですね。 

クッションフロアでパームレストをつくるメリットは……。

  • 木材より加工が簡単(精度は出ない)
  • クッション性と断熱性がある。
  • 安い
  • 底がずれにくい

デメリットは、死ぬほど貧乏くせーってことです😅 あたりまえですが、木材の方が高級感あります。

まあ、50円で作れるなら文句はいいません。

ふつうのキーボードでも、パームレストがあると手首の疲労軽減になるでしょう。試してみてはいかがでしょーか😘 

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!